読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裁判員制度の通知(太田)

 みなさん、ご存じかと思いますが、裁判員制度が今年の5月21日

よりスタートしています。

 そして、制度2年目となる来年1月1日から12月31日までの期間に

対象となる裁判員候補者への通知が、本日11月12日(木)より開始さ

れました。

 制度1年目は制度施行日である5月21日から12月31日までの通常

よりも短い期間で候補者数が設定されていたため、352人に1人が選

ばれる計算でした。

 しかし、来年からは通年の運用となるため302人に1人という確率

に上がるようです。

当然ながら、宝くじに当たるよりも高い確率ですから、自宅に帰って

ポストを見るとひょっとして通知書が届いているかもしれませんね。

ドキドキです。

もし自分が選ばれていたとしたら、最初に仕事の段取りをまずどう

しようかと悩んでしまうでしょうね。

そして、自分が判断したことがはたして本当によかったのか?

一生、自問自答するでしょう。

さて、話は戻りますが、

 候補者への通知封筒は縦17cm×横23.5cmのサイズとなって

おり、親展で郵送されます。

この封筒の中には以下の書類が入っています。

裁判員制度に関する各種説明書類

②調査票・・・裁判員になることを辞退できる場合の記載や裁判員

になることができない職業の有無、裁判員になることが特に難しい

特定の月などを記載するようになっています。

 現時点において、調査票の項目に当てはまる場合は、11月30日

(月)必着で最高裁判所に返送することとなっています。

もっと詳しく確認したい方はHPをリンクいたしますので参考にして

下さい。

裁判員候補者名簿への記載のお知らせ」及びその同封物等に

 ついて(平成21年11月送付分)

http://www.saibanin.courts.go.jp/notification/envelope/index.html