読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校野球マニアの方へ(細川)

みなさん、こんにちはにこっ

稲垣税理士法人の細川ですキラリ

今回からは高校野球について、何回かの連載版で書いてみたいと思います野球

いよいよ書店に高校野球の雑誌が出始めましたね。

夏の甲子園をかけた熱い戦いが各地方で始まります。

高校野球ファンには堪らないシーズンですね。

そこで今回は、私の個人的な野球に対する考えや感想を交え

高校野球マニアの情報を発信します。

第1回はそうですね~好きな高校について3校ほど書いてみます。

あくまでもマニアックなので感想なのでそのつもりで読んでください!!(赤)

でも必ずためになると思います。

横浜高校(神奈川県)

私は今年で28歳ですから、ちょうど松坂世代が2つ上ですので

高校1年のときに、松坂世代は高校3年。神様のような存在でした。

あの「PL学園との死闘17回」もLIVEで見ていました。

マニアには堪らない試合です。

ちょっとした自慢ですが、私の高校野球生活最後の試合は

富山県で開催された国体で、相手が横浜高校だったんです。

8-0でボロ負けでした・・・。

正直試合どころではなかったのを今でも鮮明に覚えています。

あの憧れの横浜高校が相手で、しかも高校野球生活の最後の

試合相手なんです。幸せすぎます。

今でも横浜高校が甲子園に出ると応援したくなります。

鹿児島実業(鹿児島県)

意外に感じるかもしれませんが、鹿児島実業についても書いてみます。

この高校の好きなところは、「礼が日本一きれい」なんです。

甲子園でしか見る機会はないかもしれませんが

特に少年野球、中学野球の指導者の方々は是非一度見るべきです。

甲子園ファンの人なら理解できると思いますが、甲子園に鹿児島実業

登場して、ベンチ前で鹿実の礼をするだけで拍手が起こるんです。

嘘のような話ですが、本当に礼だけで拍手が起こるんです。

全員が呼吸を揃えて声を出し、「ビシッ」と一斉に頭を下げる。

そして、「ビシッ」と一斉に体を起こす。本当にきれいな光景なんです。

野球の技術も当然大事ですが、こういった間接的な部分(心の教育)

もやはり大事ですね。

社会人になると絶対に差が出ると思います。

近江高校滋賀県

これもやはり意外な高校かもしれないですね。

でも好きなんです。マニアな方であれば分かると思いますが

あの青いユニホームの高校です。

この高校の好きなところは、今までの私の野球人生の中で

一番グランドがきれいだったからです。凸凹が全くなく、きれいな黒土でした。

とにかくプレーする選手が気持良いんです。感動します。

きっとグランド整備に時間をかけてるんだろうな。

そういった指導しているんだろうなと思います。

おかげで、近江高校との練習試合のあとから

母校の富山商業では、グランド整備の時間が非常に長くなりました。

私は今でも軟式野球を真面目にやっていますが

大人になればなるほど、周りの野球人はグランド整備が

雑だなと感じてしまいます。高校時代に良い指導を受けてきたんだなと

実感する瞬間でもあります。

小学校・中学校の指導者の方には、是非グランド整備の重要性を

選手に教えてあげてほしいなと思います。

今回はこのくらいにしておきます。

熱が入りすぎましたが、こうやって書いていると

高校時代を思い出しますし、初心に返れる感じがします。