伊吹山(久永)

立秋から早3週間経つというのに、まだまだ昼間は夏真っ盛りの毎日です。

そんな中、つい先日、涼を求めて伊吹山に行ってきました。

勿論、9合目まではドライブウェイで。

標高1,377mの山頂の気温は10度ほど低く清涼感を堪能するにはうってつけ。

9合目から歩いて登ってかいた汗もすぐにひんやりと感じるほど快適でした。

ただ、残念なことに、山頂付近は霧がかかり、

眼下に広がっているはずの琵琶湖が見られず、

しかも「百花繚乱」のはずのお花畑もほぼおしまいの状態。

さて、景色もお花畑もいまひとつ、となれば、次の目的は「食」!

以前から「一度行きたいね。」と話していた日牟禮八幡宮境内にある某「茶屋」でのランチを思いつき、一目散に山を降り、名神高速を一路近江八幡に向けてひた走り、しっかり美味しいものにありついて大満足。

しかし、ふと気がつくと、「暑い!!」「こんなはずじゃなかった!!」

「あのまま伊吹山にいれば…」

皆してその日の目的を見失ったことに気がついてしまいました。

ならば、冷たいものを求めて「茶屋」の向かいの「カフェ」へ。

結局は、美味しいデザートと旧友との楽しいおしゃべりに夢中になって、

暑さはどこえやら。

楽しく賑やかな休日を過ごすことができました。

来年は、初夏の『百花繚乱』の時期に美味しいお弁当をこしらえて、

3合目からの登山に挑戦してみたいと思います。

次こそ伊吹山の「涼」を堪能するぞ!!

ハイキングコースの途中から山頂を望む

裏メニューの「メロンの洋風かき氷」

広告を非表示にする