読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の国民年金(長谷川)

来月で長男が20歳になります。

あっという間の20年。気がつけば成人というのが正直な感想。

法的責任を負うこと、選挙権をもつこと、

お酒やたばこが認められること、

消費者金融等も20歳から借りられるという。

一人暮らしもはじめている。

大丈夫かしら?と不安になる。

国民年金も、「会社で働いていて、既に厚生年金に加入している人を除く、

20歳以上の全ての人」に加入する義務があるとのこと。

ただ、収入が少なくて国民年金保険料が払えない学生たちに

金保険料の納付を延期してくれる特例制度ある。

まわりの友人に聞いたところ、「手続きしたよ~」といわれた。

もっと、幅広くいろいろな知識を身につけないと

二十歳になった子供にもちゃんと説明もできないな~と痛感。

どこかのビール会社の「大人エレベーター」がうかんでくる。

大人って何だろう。

二十歳になった子供に、自分はなんて答えるのかな・・・・。

以下日本年金機構HPから抜粋です

日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金

被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、

学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される

「学生納付特例制度」が設けられています。

本人の所得が一定以下(注1)の学生(注2)が対象となります。

なお、家族の方の所得の多寡は問いません。

·(注1)

本年度の所得基準(申請者本人のみ)

118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等

·(注2)

学生とは、大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校

専修学校及び (※1)各種学校、(※2)一部の海外大学の日本分校に

在学する方で 夜間・定時制課程や通信課程の方も含まれますので、

ほとんどの学生の方が対象となります。

問い合わせは、年金事務所、提出先は、市町村役場になるという。

はじめに自分で勉強して、

子供に内容をしっかりと説明して、

一緒に申請に行ってこようと思います。