読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エメラルドシティ(兵藤)

かがやきの一員となってから早10ヶ月…

ブログでははじめましてとなります、兵藤ちはやと申します晴れ

大学4年間は離れていましたが生まれも育ちも安城

地域のみなさまに貢献できる場所で働けることを嬉しく思っております。

自己紹介がてら私の趣味のお話をさせていただきます。

タイトルを見て、ぴん!と来たかたとはぜひ語らいたいのですが笑、

ただいま名古屋公演をしている、劇団四季「wicked」で出てくるオズの国の呼び名です。

私がこの公演に出会ったのは忘れもしない2008年12月13日東京海劇場。

それまでも舞台は好きでいろいろな公演見ていたのですが、

恋に落ちるように劇団四季に「ハマった」のです。

目の前での輝く世界に、マイクをつけてないかと勘違いしてしまうほど迫力のある歌声。

キレッキレのダンス…ドキドキ(ピンク)

全身で気持ちを表現する、ということに感動しました。

それ以来多くはありませんが劇場に通っています。(劇団のまわし者じゃないですよ)

「同じのを何回も観るの!?」と驚かれることもありますが、

もちろん一回だけだからこそ感動することも多いです。

しかし、何回も観るからこそ見えてくるものもたくさんありますビックリ

役者さんが替われば雰囲気も変わりますし、

あっ今日のアドリブいいなーとかこの場面、主役以外の人はこんな動きしてるんだ!などなど

ストーリーをすでに知っているからこそ注目してみることができるのです。

wickedは特に一番きらきらキラキラのミュージカルで

ストーリーも演出も老若男女みんな楽しめる演目です。

初めて四季、舞台、ミュージカルを観るかたには私は一番にお勧めしています。

素直に感動できる作品です。何回みても涙しますし、元気になれます。

ドラマや映画と違って舞台は生もの。

おや…?と思う日もあります。

何回も観てる人には「そんな日もあるか~」で済むかもしれませんが、

その一回しか観ない人にとってはそれが舞台、ひいては劇団のイメージになってしまいます。

それは私も同じで、ひとつの言動で信頼を失ってしまったりするかもしれません。

お客様にお会いする時は社の代表としてお会いしているんだという気持ちを

忘れずに緊張感をもって行動しなければならないと思います。

そんなwicked名古屋公演は9月2日まで。

みなさまも気軽に観劇デビューしてみてください。敷居は高くないです!

私はあと何回みるかお財布と相談中です。。。