読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大量の丸太(沓名)

こんにちは、安城事務所の沓名です。

お久しぶりですね。

 

今回は、ゴールデンウィークから自宅の庭に山積みとなっています大量の丸太のお話です。

 

2.3年前からずっと夢見ていたというか計画していたというか、

自宅の庭の片隅に、屋根だけの小屋を作り、

そこに石窯と竈(かまど)を自作したいと考えていました。

とりあえず予定としては、今年の11月までに作り、

12月~3月に掛けてパンやピザを焼いたり、

竈でごはんを炊いたり豚汁作ったりしたいなあ~って思ってました。

 

また、真冬の屋外で焚き火しながらウイスキーを飲んで、

澄み切った冬の星空を眺めるっといった光景に憧れての話です。

 

実は、その為に昨年末に地元で解体業を営んでいる後輩に、

薪割りの材料にするくらいの丸太を2.3本持って来てと頼んで

おいたのです。

 

ゴールデンウィーク手前の4月末にその後輩から、

「丸太が出たから持って行くね~」と電話がありました。

仕事で忙しかったから、「適当に置いておいて~」って返事したら、

自宅に帰ってビックリです!

大量の丸太、直径40センチ以上、長さ3M~4Mが20本くらい

山積みになっていました。

 

4ヶ月以上経った今もそのままです。

薪割りの斧は買ったものの、その丸太を40センチくらいに

切り分けるチェーンソーも購入していません。

夏の暑さに負けて、全く行動していません。

 

その前に、実は小屋も石窯も竈も全く手つかずです。

ただただ、雑草が生い茂る中に大量の丸太が山積みになっているだけです。

 

町内の知り合いから、会うたびに、

「あの丸太、どうするの?」って聞かれてしかたありません。

 

もう少し、仕事に余裕ができたら、

がんばって石窯・竈造りにチャレンジしたいと思います。

でも、とりあえず今は草刈りかなあ~