読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税制改正決定(石田)

こんにちは、ご無沙汰しています三河の吉川晃司です。

とうとう吉川も今年50歳です。

昔ならそろそろ寿命です。

なんてくだらない話はここまでにして、最近の話題で気になったことにちょっと一言。

 

中川       路チュー

片山       遅刻

上西       欠席&旅行

 

ここまで書くと皆さんお気づきですよね。

国会議員の不祥事です。

不祥事というと大事に聞こえますが、社会人として、大人として、どんなもんなんですかね。

この中でも個人的に一番「いかがなものか?」と思うのが上西議員です。

あの元兵庫県議員野々村氏に通じるものがあると思うと同時に、

「ここにいたってまだ議員に居座るか!」

と思います。

次は無いとわかっているから居座っているのでしょうけど、人間性があからさまに分かってしまいますね。

橋下さんが

「いや国会議員やると変わるもんだな。もう完全に永田町の感覚ですね」

とあきれてましたが、変わったんじゃなく本性だと思うのは私だけでしょうか?

 

さて本題です。

このような問題のある国会議員を含め、今国会で先日3/31に税制改正案が参議員を通過し可決しました。

これにより、事前に発表されていました税制改正大綱については決定しました。

良いか悪いかは別として、皆様はどう思われましたか?

私は、

「目玉がないな」

と思いました

あくまでも個人的意見ですから、ご容赦ください。

その中でも、目玉的改正は

法人税率引き下げ

・結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置の創設

くらいでしょうか。

税制に限らず、色々な場面で

「あちら立てればこちら立たず」

がありますよね。

税制もそうです。

「必要な資金(税金)を誰が負担するのか?」

個人は法人に

法人は個人に

低所得者は高所得者に

高所得者は平等に

それぞれの方々にそれぞれの意見があると思います。

そして何が正しいのか、私にはわかりません。

ただ一言、声を大にして言いたいことは

「国のために、国民のために、有意義に使われるなら誰も文句言わない。だけど、一部の人たちの利益のために税金を使うのは許せない」

それだけです。

そして、「一部の人たち」が誰を指しているのかおわかりですよね?

あくまでも個人的意見です・・・・・。