読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事業承継型M&A(岡本)

 

事業承継型M&A」。最近、この言葉を耳にする機会が増えました。  

 

M&A」というと、ライブドア村上ファンド等に象徴されるように

企業の規模拡大、支配権の獲得等を目的とした企業買収というイメージが強いですが

事業承継型M&A」は意味合いが大きく異なります。  

  

我々中小企業の経営において重要テーマの一つである

事業承継」の解決策として近年非常に注目されています。

以下、考え方を簡単にまとめてみました。

 

1)中小企業が抱える悩み「事業承継」

 ⇒親族、従業員等の中から後継者が見つからない。

 ⇒従業員の雇用、取引先との関係等を考えると事業は継続したい。

 ⇒事業承継には漠然とした不安があるが解決策がわからない。

 

2)「事業承継型M&A」を利用しない場合

 ⇒本意ではないものの事業継続を断念。

 ⇒資産を売却、借入を返済、残った財産を株主へ分配。

 ⇒従業員は退職。

 

3)「事業承継型M&A」を利用した場合(一例)

 ⇒株式売却という形で企業そのものの売却を検討。

 ⇒資産・借入・技術力・営業力・許認可等々を総合的に評価、株式代金を決定。

 ⇒企業はそのまま存続、従業員雇用も引き続き継続、変わるのは株主のみ。

 

4)売手側のメリット

 ⇒従業員の雇用を守れる。

 ⇒立ち上げた事業、大きくした企業を存続できる。

 ⇒企業の評価に応じて株主に株式代金が支払われる。

 

5)買手側のメリット

 ⇒自社にない技術力獲得、自社にない得意先との関係構築が期待できる。

 ⇒自社の事業以外の分野への参入が可能になる。

 ⇒一から取得が困難な許認可の実質取得が可能になる。

 

上記はあくまで概要です。実際には検討すべき項目が数多く存在します。

かがやきグループでは、買手候補先探し・売手候補先探し・企業評価・条件交渉等、

あらゆる側面からのご支援が可能です。 

 

事業承継型M&Aの詳細についてお知りになりたい方、

まずは当方税務担当者までお気軽にお問い合わせください。

本年も引き続きどうぞよろしくお願い致します。