読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石川家の居候(石川謙)

 石川家には、現在、おたまじゃくし、カブトムシ(雄と雌がたくさん)、クワガタ(雄と雌のつがい)、金魚が居候しています。以前は、バッタもいましたが既に死んでしまいました。カブトムシもそろそろ寿命でしょうか、天寿を全うし、少なくなりつつあります。

今回は、おたまじゃくしの話をします。 

f:id:inagaki-staff:20160918185703j:plain

居候のおたまじゃくしは、息子(小2)が5月頃小学校の野外活動でとってきたもので、2匹いましたが1匹は先月死んでしまい、現在は1匹です。早く蛙になるようせっせとお世話しているのですが、未だにおたまじゃくしの原型をとどめたままです。後ろ足が生える気配もありません。餌をやってもほとんど食べた形跡はなく、常にじっとして動かないのです。とても心配しています。越冬すればよいのですが、このまま死んでしまわないかと心配しています。ネットで調べると越冬するものもいるとありましたので、写メして図鑑で確認するのですが、どれも同じに見えてしまって、さっぱりわかりません。私の経験では、夏に蛙になってそのまま田んぼや川に逃がしておしまい!だったのですが、時代が変わってしまったのでしょうか?最近の子供(息子)たちに限らず、おたまじゃくしは!って感じです。

では、次回のブログでその後を経過報告します!