お家事情(渡辺)

こんにちは。

安城事務所の渡辺です。

 

ここ2回、ブログの当番が回ってきた際は、

バレーボールの記事を掲載してきましたが、

今回はタイムリーな話題がありません。

五輪も終わってしばらくたちましたし、

国内リーグはまだ始まっていません。

全日本キャプテンを務めた木村沙織が今季限りでの引退を表明したことは、

ホットな話題ではありますが、引退の話を2回続けて掲載するのは

自分がしんどいのでやめておこうと思います・・・

 

でもブログは書かねば・・・ということで話題を考えていたのですが、

カレンダーを見ていて気付きました。

今月で、わたしの母親が集合住宅生活を始めて丸一年になります。

生まれてから●十年、ずっと戸建住宅にしか住んだことがなかった母が、

去年の11月ごろから、マンションで暮らし始めたのです。

 

母は、家族の中ではかなり繊細な部類になるので、

物音だったり人の気配だったりが気になって まともに生活できないんじゃないか、

と兄弟みんなで心配していましたし、本人も不安に感じていたようです。

ですが、蓋を開けてみればなんてことはありませんでした。

古い建物ではありますが造りはしっかりしていて、

隣人等の気配はほとんど感じません。(さすがに上の階の掃除機の音は聞こえます)

内装を全室新しくしたばかりと言うこともあって、

この一年、まだアノ虫も出ていません。(ベランダへの侵入はありました)

 

なにより引越しで一番良かったのは、温度変化の少なさでした。

古かった実家(※健在です。姉が暮らしています)は外気の影響をもろに受け、

夏暑く冬寒い を地でいく環境でしたが、

今のマンションは冬場もそれほど冷え込みませんでしたし、

夏場も、日差しさえしのげれば涼しくすごせました。

母は「もう実家では寝られない」とまで言っていますので、

相当違うようです。(どこでも寝られるわたしにはわかりません・・・笑)

 

もともとある病気持ちなのですが、一番良くないのが寝不足なので、

その点でも、引っ越してよかったなと思います。

経年劣化はあるでしょうが、母が元気に暮らせる環境であり続けてくれることを

兄弟一同 願っています。

 

何の話だかよくわからなくなってきました・・・

朝晩  急に冷え込んできましたが、皆様 身体にはお気をつけて冬に備えましょう!

と、かなり強引ですが、締めにさせていただきます。

長くなりましたが読んでいただきありがとうございました。

広告を非表示にする