もぐら(沓名)

アブラゼミに続き、動物シリーズの第2弾。

昨年8月の朝、愛犬シェリーの散歩中、

自宅前の遊歩道の右前方に小さな動くものを発見しました。

はじめは、ネズミ?!と思いましたが、

だんだん近づくにつれて、それが“もぐら”とわかりました。

みなさん! 生もぐらって見たことありますか?

たぶん無いでしょう。

私はこれが生まれて2回目の生もぐらです!

はじめて見たのは、

私が保育園年長組のころだったかな。(38年くらい前?)

母が畑を耕していた時に捕まえて、

家に持ち帰って来たのでした。

注)決して食べる為ではありません!

この子もぐらは、夜明け前に地上に出て、

たまたま遊歩道に来てしまい、夜が明け、

そして再び土のある場所に戻れなくなってしまったのでしょう。

滅多に見られない生もぐらを家族に見せたくなりました。

私はその場でTシャツを脱ぎ、その子もぐらを捕まえて、

上半身裸にて家に帰りました。

妻も子供も、もぐらははじめて見たようです。

(すこし優越感に浸る)

結局、家族だけではあきたらず、

少年野球チームの練習場所に持って行き、

多くの子供や父兄にも見せました。

やはり、ほとんどの人ははじめての生もぐらに感動していました。

その日の夜、その子もぐらはもとの梨畑に帰してやりました。

※もぐらは太陽に当たると死んでしまう! と思っている人が多いようですが、

この子もぐらで実験したところ、最後まで元気でしたよ! (可哀想に)

広告を非表示にする