親父(岡本)

こんにちは。岡本です。

今日は親父のことを書こうと思います。

父とすべきかもしれませんが、

敬愛の念を込めて呼び名の親父(おやじ)とさせていただきます。

 

私は親父を尊敬しています。

 

親父は商売をしているわけでもなく、

会社を立ち上げたわけでもなく、

いわゆる会社員です。

特別にこれが、というわけではないですが、

これまで尊敬の思いが揺らいだことがない気がします。

大人になる過程でありがちな大人への失望、

というものを親父には感じたことがない気がします。

 

言葉としてはありふれた言葉かもしれませんが、

親父から聞いた言葉で記憶に残っている言葉を二つ。

 

「信頼されるのには時間がかかるけど、

 信頼を失くすのは一瞬。」

 

「言われるうちが華。

 言われてるうちは期待されてるっていうこと

 言われなくなったらあきらめられたっていうこと」

 

親父にはまだまだ元気でいてもらいたいものです。

また、大阪に帰ったら酒を飲もう。

いつかゴルフは一緒にまわれるといいな。

まだゴルフは親父に勝てそうにないな。

広告を非表示にする