読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アナログのすすめ 2(静岡事務所:髙橋)

 最近、また見直されているものがあります。それは、カセットテープです。
若い人には、分からない人がいるかもしれませんので、少し説明します。
 カセットテープは、オランダのフィリップ社が開発した録音する規格です。
それまでは、オープンリールテープという大きなリールにテープを巻き付けたものに録音していました。超小型化され、デッキ本体も小さくなり、テープを巻き付ける必要が無く、気軽に音楽を録音再生することができるようになりました。
その後、ソニーから「ウォークマン」という画期的な商品が発売され、家の中だけで無く、音楽を外へ持ち出す事ができるようになり、世界的にヒットしました。
 カセットテープの後、音はいいがテープが大きい「Lカセット」、もっと小型化した「マイクロカセット」(音が悪くメモ用でしたが)など色々な規格が出てきましたが、パッとせず、そして本命の「MD」が一般的になりました。さらにアップルから「i-pod」が発売され、CDからリッピングして聞くようになり、ネットが普及すると曲をダウンロードしてスマホやMp3プレイヤーで聞く様になり、カセットテープは、ほぼお年寄りのものだけになってしまいました。
 しかし、最近、外国の若手プレイヤーが相次いでカセットテープでもアルバムを発売して、カセットテープが復活の兆しを見せています。
 カセットテープは、ヒスノイズという雑音も多く、頭出しも時間が掛かり、保存状態が悪いとテープが伸びて聴けなくなり、音楽をデータ保存するより、かさばります。
しかし音が太く、自然な音がして、ずっと聴いていると雑音も心地よく思えてきます。
 私も最初カセットテープレコーダを買ってもらって、テレビやレコードプレーヤーの前に置いて録音していました。その後、自分のステレオをお年玉を貯めて買って、FMのアンテナを立てて「エアチェック(FM放送から録音すること)」をし、2台のカセットデッキを使って編集もしていました。
最近押し入れからそのカセットテープが何箱も出てきて、久しぶりに聴いてみました。聴くにしてもラジカセが壊れているものが多く、やっと動くものを見つけて、聴いてみました。その当時のことも思い出して懐かしくなりました。
 前にも書きましたが、すべて最新のデジタルなものが一番ではなく、古いアナログを見直すことも大事だと思います。
仕事でもパソコンで入力して出来上がりでなく、電卓で検算してみたり、どうしてこの数字になるか考えることも自分の知識を向上させることになります。
 ぜひ、年の多い人には懐かしい、若い人には新鮮なアナログの世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

東向寺(今川義元の首塚があると云われる西尾市のお寺)に行ってきました

こんにちは 安城事務所の長谷川由美子 です。

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」を見ている方もいらっしゃると思います。ドラマの中でセリフがほとんどないにもかかわらず、白塗り化粧をした圧倒的な存在感を感じさせる今川義元ですが、その義元の首塚西尾市の東向寺にあるということを最近知りました。有名な桶狭間の戦いにおいて今川義元は、織田信長の奇襲によって討ち死にしました。討ち取られた首級は、須ヶ口に晒されます。その後今川家の重臣・岡部元信が織田との交渉の末、城と交換条件として今川義元の首級を受け取ったそうです。首級を受け取った元信は、そのまま本拠地である駿府へは戻らず刈谷城に攻め込んでいたせいもあってか、義元の首級は腐敗が進んでしまい、結局、西尾市にある東向寺で埋葬したそうです。

  そんな東向寺を先日訪れてみました。田畑と山に囲まれた中にあって、周りには何もありませんし、お寺にも参拝客など誰もおらず、本当にここにあの有名な今川義元首塚があるのかと思いました。寺の東側の山の中をすこし上ると、ひっそりと墓塔がありました。

有名武将にしては小さすぎる?と思うほどです。

ご興味のある方、是非訪れてみてください。

f:id:inagaki-staff:20170206135426j:plain 

ダービー(静岡事務所 押尾)

まず始めに、エスパルスの1年でのJ1復帰おめでとうございます。

J2を戦ったジュビロサポーターだからこそ、「1年で」復帰するすごさがわかります。

 

あと20日経てば、2017年シーズンのJリーグが開幕します。

昨シーズンは11月の始めにはリーグ戦が終わってしまったので、4ヶ月間待ち遠しく思っていました。

今年はなんと言っても、「静岡ダービー」が4年ぶりに復活します。

ジュビロが2年間、エスパルスが1年間、入れ替わるようにJ2暮らしをしてしまったために、4年という長い時間が空いてしまいました。

僕自身「王国 静岡」と言われる環境の中で、さらに1999年のチャンピオンシップを見て、サッカーをしてきた人間にとっては、「静岡ダービー」は特別な試合です。

 

2000年代半ばから静岡県の高校の全国での活躍がなくなったことから「王国 静岡」と言われなくなりました。

同時に両クラブの衰退と県内出身選手がメンバーから少なくなりました。

 

しかし、ここ最近には、大学経由や他のクラブで県内出身選手やユース出身選手が成長し、両クラブのメンバーに名を連ねるようになりました。

このサイクルにより、今シーズンは難しいにしろ、5年後、10年後、両クラブが優勝争いし、両クラブが多くの代表選手を抱え、再び「王国 静岡」と自他ともに認められるようになってもうらいたいです。

 

僕もこの「王国 静岡」復活のために、少し力になれないかと思っています。

正月に母校の初蹴りに参加した際に、現在のサッカー部の顧問の先生や父母の会の方からOB会の設立についての話がでました。

高校で一緒にサッカー部だった友人が、現在西部の高校でサッカー部の顧問をやっています。

近い将来、母校に赴任してサッカー部の顧問をやるはずです。

友人からも、「赴任したら」後援会の会長でもやってくれと冗談で言っていましたが、現実味をおびた話になってきました。

ふと思えば今年で30ですし、母校だけでなく、静岡サッカー、サッカーに恩返しするという意味でも、話が進めば前向きに考えたいと思っています。

 

 

今シーズン一番のビックニュースと言えば、やはり中村俊輔ジュビロへの移籍でしょう。

昨年年末に移籍の噂が流れましたが、「年俸や年齢的に考えても」とネガティブなとらえ方でした。

しかし正式に加入が決まった後のメディアのジュビロへの注目度の高さと俊輔が代表に定着したころがサッカーを意識して見始めた年頃だったので、そんな選手がジュビロで見られるといううれしさで興奮がおさまりませんでした。

この移籍について俊輔がジュビロを選んだ理由に「名波浩の存在」をあげていました。

 

名波浩中村俊輔と言われて、忘れられないシーンはメディアでも最近何度も流れていますが、2000年アジアカップの俊輔もFKから名波のボレーでしょう。

試合が日本時間の朝方だったので、その日の部活の時間から真似して練習したことをよく覚えています。

 

僕がサッカーをしていた時のアイドルが「名波浩」でした。

右利きですが、左足の使えるように練習しましたし、股抜きも練習しました。

好きな番号は「7」です。

「NANAMI 終わりなき旅」も何度も読みましたし、彼と親交が深いMr.Childrenも好きになりました。

高校でサッカーを引退した後も、彼の現役最後の公式戦である天皇杯も観戦しましたし、引退試合も観に行きました。

そんな人が大好きなクラブに監督として一番大変な時期に戻ってくる決断をしてくれました。

今、監督としての発言や行動に心を打たれるものばかりです。

そして俊輔の移籍にしろ、小林祐希の成長にしろ、人間としてのすばらしさ感じることばかりです。

彼もまた「静岡ダービー」は特別なものだと発言しています。

 

「エコパに4万人入ってほしいね。エスパルスと2チームで静岡を盛り上げていきたい」

Sponichi Annex2017年2月1日付】

 

J1リーグ第5節  4月1日                      エコパスタジアム 15:00キックオフ

ルヴァンカップ      5月10日                アイスタ日本平  19:00キックオフ

J1リーグ第29節 10月14日or15日 アイスタ日本平  時間未定

席替えの効果(静岡事務所 岡村)

静岡事務所 岡村です。

2月から事務所内の席替えがありました。

 

4人で向き合う形の席です。

この4人の中に先輩社員がお二人います。

このことがとてもとても助かっています。

 

最近は毎日のように悩みに悩まされてますが、

「どうしたもんか・・・」と考えたあげく、席替えしてから、会議以外の場でお二人に相談してみると、「あっ」いう間に胸の中の霧が晴れます。スッキリします。

 

どうしてこんなに私の悩みがスッキリ晴れるの?

と思い、お二人の発言や話し方を観察してみました。

 

気付いたことは、私目線で話を聞いて、一声をかけて下さっている事です。

私の発言から、私が内々に不安に思っている「ポイント」を聞きとり、

答えを出すわけでもなく、指示するわけでもなく、

「こうしたらいいんじゃないかな」みたいな一声を掛けてくれる。

その「一声」を聞くと、自分から(自発的に)自分の考えを見返し、迷っていた点が明確になり、決断が出来る。

こんな感じです。

 

凄いですね。

相手の迷いを晴らす何かが出来る人って凄いです。憧れます。

 

今回の席替えで手に入れた環境存分に活用して、自分が同じく相談を受けられるようになる為の教材にしようと思ってます!

 

CBCラジオ レポートドライバー(山田)

こんにちは、安城事務所の山田侑です。

 

先日、CBCラジオのレポートドライバーがかがやきスクエアにやってきました。
神谷さん、尾塩さんが代表でインタビューを受け、
かがやきスクエアのことから始まり、かがやきグループのことを説明させていただきました。

f:id:inagaki-staff:20170201114326j:plain

放送時間は3分弱でしたが、
とてもドキドキで、あっという間でした。

神谷さん、尾塩さんありがとうございました!

 

苔玉作り(沓名)

こんにちは。
安城事務所の沓名です。今回のお題は「苔玉作り」です。

今年の誕生日(8月)に、事務所の仲間から誕生日プレゼントを貰いました。
私の好きな物「亀」「苔」をみんなで考えてくれたんでしょうね!
プレゼントは、素焼きの亀の陶器に植え付けられた「苔小鉢」でした。
それがきっかけとなってしまい、9月頃から「苔玉」に興味が湧いてきました。

最初は、ヤフオクに出品されている苔玉を見て、
いいなあ~と直感で購入して、送られてきた苔玉に感動していました。
下の写真の9個がそれらです。
(右上の赤松以外は落葉樹なので、今は落葉してます。)
左上から、コナラ&モミジ、猿梨、猿梨、欅&木瓜、赤松
左下から、ウリハダカエデ、ツル紫陽花、紅葉、紅葉&はぜ
f:id:inagaki-staff:20161231215936j:plain
これらの作者を私は今、「師匠」と呼んでいます。(もちろん勝手に)
この方は、東日本大震災津波によって店舗を失い、
仮店舗で事業を再開しましたが、一年前にリタイアされて
趣味の苔玉作りを生きがいにされている方です。
お会いしたこともなければ話をしたこともありません。
ただ一度、送られてきた苔玉にお手紙が入っていて、そう書かれていました。

それから自分でも作りたくなっちゃって、
師匠の苔玉をひとつ分解させていただき構造を研究。
また、ネット動画で苔玉作りを研究しました。

苔玉の作り方がだいたい解った時点で、素材集めと材料集めです。
素材は、好みの樹木や植物を30個ほど集めました。
それで作った「苔玉」の代表作が下の写真の苔玉です。
まだ苔が若いので、緑色が濃くありませんが。

f:id:inagaki-staff:20161231215901j:plain
左手前から、ハマボウ株立ち、ハマボウ、コナラ、カマツカ株立ち、
ナンキンハゼ、カツラです。全て落葉樹なので、今は落葉してます。
ハマボウは、秋の紅葉時期になると、時間差で緑・黄色・紅色の3色の葉が共演して素晴らしいです。
ナンキンハゼの紅葉も見物ですよ!
カツラは、長坂さんにプレゼントする為に作りました。
(旧姓が、「桂」だからね。)
カツラも可愛い形の葉っぱで紅葉も素敵!
早く新春の新緑が見たいです。

下の写真は、苔を巻く前の段階の苔玉です。
自分なりの工夫をしています。
用土の上に椰子の繊維(ヤシマット)を一巻きしています。
苔玉の水分補給は、水中に苔玉丸ごとつけるので、
用土が漏れ出してくることを防ぎます。

f:id:inagaki-staff:20161231220005j:plain
ということで、今は苔玉作りを楽しんでいます。

最後に、
皆さん、2016年、いつもかがやきグループの「代表ブログ」・「スタッフブログ」をご覧いただき、誠にありがとうございます。2017年も、いろんな内容をアップしていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

かがやきスタッフの皆さんへ
日常業務で忙しい中、スタッフブログの作成、本当に感謝いたします。
ありがとうございます!
2017年も引き続きご協力よろしくお願いします。


沓名 栄樹

広告を非表示にする

来年もよろしくお願いいたします(奥山)

今日は仕事納めです。

9割ぐらいのスタッフがお休みです。お客様もほとんどがお休みなのでとても

静かです。一年で一番静かな日ですね。

今年もあっという間に一年が終わりました。それだけ充実していた一年間でした。

今年の大きな出来事は

私が応援している宝塚の方が初主演をしたこと

ネパールにハイキングに行ったこと。

事務所の体制が大きく変わったことです。

事務所のメンバーが変わったことに伴い仕事時間も増えていますが、それ以上に

趣味に使う時間も増えているので、自宅に一日じゅういたのは年間で15日間ぐらいです。

自宅が寝に帰るだけの場所になっています。
 

来年は少し趣味活動を減らしてのんびりする時間を作りたいと思います。

なんてことを言ってるのはいま体調が悪いからですね。

日ごろ「風邪はひかないことにしているの!」と周りに言ってるぐらい風邪をひかないのですが、お正月休みを前に、久しぶりに風邪をひいてしまいました。

(多分2年ぶりぐらい?)

今年のお正月は珍しく予定があまりなく、1/3に日帰りで神戸へ行くぐらいです。

やっぱり予定をぎっちり入れないと風邪をひくんですね。

来年も健康で元気な一年が遅れますように!

奥山千佳