五省(細川)

みなさん、こんにちは。 稲垣税理士法人の細川です。 今回は、タイトルにもある「五省」についてご紹介したい思います。 私がこの「五省」を初めて知ったのは、昨年の年末でした。 某金融機関の方から教えていただいた言葉です。 「五省」 みなさん分かりますか?(黄)五省」とは、5つの反省という意味で、「省」は「かえりみる」で「深く自己を見つめ、 何か人間として至らぬ点はないか」と厳粛に考える心の働きをいうそうです。 この「五省」は旧海軍で将校生徒の教育を行っていた江田島海軍兵学校において 使用されていたもので、いわば「自戒の言葉」であったといいます。 この「五省」について調べたときはちょうどNHKで「坂の上の雲」が放映されていた ので、その頃の言葉ということでとても心に響きました。 では、「五省」の説明を 一.至誠に悖るなかりしか(真心に反する点はなかったか) 二.言行に恥ずるなかりしか(言行不一致な点はないか) 三.気力に缺くるなかりしか(精神力は十分であったか) 四.努力に恨みなかりしか(十分努力したか) 五.不精に亘るなかりしか(最後まで十分に取り組んだか) いかがでしょうか?(黄) この言葉を教えていただいた金融機関の方は一日の終わりに 一日の行動が、「五省」に反していなかったかを考える時間を 作るそうです。 私も是非見習いたいと思う出来事でした!!(赤)
広告を非表示にする