読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめまして (渡邉)

趣味

皆様はじめまして。

安城事務所の渡邉若奈と申します。


昨年5月にかがやき税理士法人へ入社し、現在は総務に所属しております。

まだまだ、新しい仕事を覚えることでいっぱいな毎日です。

直接お客様とお会いできる機会は少ないですが、

陰ながら皆様のお力となれるように努力して参りたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。


さて、第一回目ということなので自己紹介も兼ねて趣味の話題を・・・

その中でも、「仏像」についてお話させていただこうと思います。


私が仏像をすきになったのは、6つ年上の姉の影響が大きいです。

京都がだいすきな姉とお寺を訪れているうちに、その魅力にどんどん引き込まれ・・・

仏像を拝観するために、はるばる九州まで旅行した事もあるほどです。

目的は、奈良・興福寺創建1300年記念に国立博物館で開催されました、

『国宝・阿修羅展』(in九州)です。


仏像ブームを巻き起こした、あの阿修羅像です。


古代インドの闘神がモデルとなっている阿修羅の外見は、

3つの般若面に、6つの腕を持った赤く逞しい胴体

というのが一般的ですが、

興福寺の阿修羅像は少年のような顔立ちとスレンダーな体つきをしていて、

「闘いの神」というには少々儚い感じがします。


角度によって毎回まったく違う表情が見られるので、

奈良に行くとつい興福寺に立ち寄ってしまいます。


ちなみに、

「修羅場」という言葉はこの阿修羅からきているそうです。

帝釈天との闘いに勝てず、滅んでは何度も蘇って永遠と戦い続けたという話があり、そこからこの言葉が生まれたそうです。


詳しく話し出してしまうと、とても長くなるのでこの辺りで・・・


気になった方はぜひ調べてみてください。

他の仏像にも、それぞれ元となるキャラクターやエピソードがあってなかなか面白いですよ。