読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せいり・せいとん(仲井)

その他の出来事

朝からおふろに浸かるような毎日、

みなさま いかがお過ごしでしょうか?

さてさて、ちょっと前の6月末にお引っ越しをしました。

高校卒業以降だけで、かぞえること9回目。

今までの引っ越しは、実家を出たり入ったりの繰り返しだったのですが、

今回は今までと違って実家の新築。

ここで「実家」とは・・・

その定義は、引っ越しにあたっては「万年倉庫」をいう。

ということで、「実家に置いときゃいいや」

が今回は通用しません。

じぇ!じぇ!じぇ!

定義うんぬんはさておき、

実家のクローゼットをひっくり返せば、出るわ出るわの思い出の品々たち。

さてどうしようか、、、そんなとき

「ときめき」

という言葉が脳裏をよぎりました。

ということで、品々を種類ごとに「ぜんぶ」部屋に「並べて」ときめき査定。

当時のときめきはあるものの、9割以上は「もういいかな」。

とくに手紙。悩むとキリがないので処分。

いちばん悩んだのは、小学生のときから部屋に貼ってあった写生大会の絵。

奇跡的に金賞を貰った絵なので相当悩みましたが、

古い家とともに、心のアルバムに貼っておきました。

ほかにも、容赦なくたまっていく「本」や「洋服」たち。

引っ越しのつど、大量処分を繰り返しましたが、今回は輪をかけた処分を断行。

「本」はまた買えばいいや。「洋服」は1年着なければもう着ないだろう。

本当に必要なモノって、モノの方から

「わたしを捨てないで・・」ってうるんだ瞳で主張するんですねぇ。

♪Don't leave meぃぃ~ 誰もぉ~…

そんな引っ越しも終わったころ、「整理・整頓」に関する本を色々と読んでみました。

共通点は・・・

「要ると思っているもの」を「必要なもの」と「そうでもないもの」に分けること。

その基準のひとつとして、先にあげた「ときめき」。

「要ると思っているもの」のうち「そうでないもの」を処分すると「整理」が完成。

残ったものを、あっちこっちに置かずに種類ごとにまとめると「整頓」が完成。

めでたしめでたし。

普段から心掛けていることとして、「書類」の保存。

一週間見なければ、捨てるか、PDFにして保管しています。

(保管期間が法律で定められているものは除きます。念のため)

そして、マイルールとして10秒以内で検索可能なように

所在地を明確にしています。

ところで、なんでモノが増えるのか?

考えると、モノに囲まれていると、なんとなく安心するんでしょうね。

「いつか使うから」の「いつか」はまず来ることはなく、

もし来たとしても他のもので対応可能。

モノに囲まれた環境から生まれるのは、「安心」とも思えるけど、

ホントは自分にとって大切なモノを識別できない「混沌」かなと。

自分にとって大切なものってなんだろう?

自分の考え方をシンプルする方法って何だろう?

そのために「整理」って大事なんだなぁ、としみじみ。

というわけで、今度は11月の記念すべき10回目の引っ越しの準備中。

はやいこと11回目の引っ越しをしたいのですが・・・

それはまた別のお話。

<参考文献>

佐藤可士和の超整理術」 佐藤可士和

「人生がときめく片づけの魔法」 近藤麻理恵

トヨタの片づけ」 ㈱OJTソリューゾンズ

「『超』整理法」 野口悠紀雄

「百年たっても後悔しない仕事のやり方」 出口治明

「村上朝日堂」 村上春樹

~余談~

もうすぐ8月15日です。

黙とう