令和元年分 所得税確定申告 受付期間開始(水戸事務所 田口)

今日は令和2年2月17日です。
今日から令和元年分所得税確定申告の受付期間が始まります。
今年は曜日の関係で締め切りが3月16日と例年より1日長くなっています。
1日長くと言っておいてなんですが、実は例年よりも2日長くなっているのです。
何故かというと、今年はうるう年なので2月が29日まであるからです。

さて、今年はうるう年ですが、皆さんうるう年の意味を知っていますでしょうか?
現在日本で使われている「太陽暦」の1年は365日とされています。これは地球が太陽の周りを1周するのにかかる日数ですが、実は1年につき6時間ほど足りません。そのため4年経つと、6時間×4=24時間、つまりあと約1日分の時間が、地球が4年前にいた元の位置に戻るために必要になるのです。
そこで、紀元前1世紀に太陽暦を使い始めたローマでは、「西暦の年号が4で割り切れる年」をうるう年と定め、4年に一度、1年の日数を1日増やして調整するようにした、というわけです。

ここまではご存じの方も多いのではないでしょうか。ただ、この話には続きがあります。

本当のズレは1年につき6時間ではなく5時間49分なのです。そのため、うるう年を設定したことで、実は1年につき約11分の増やしすぎになっています。
そのためさらなる微調整が必要になり、16世紀に例外として「西暦の年号が100で割り切れる&400では割り切れない年」は、うるう年にはならないというルールができました。
本来、400年が経つと、11分×400年=4400分≒73時間、つまり約3日分の時間が増えてしまいます。そこで、うるう年を400年間で3回減らすことで、約3日分の時間を減らすことにしたのです。
たとえば、西暦2100年、2200年、2300年などは例外に当てはまるため、うるう年にはなりません。西暦2400年は100で割り切れますが、同時に400でも割り切れるので、例外には当てはまらず、うるう年となります。

「今年はうるう年と曜日の関係で2日長い」といって余裕を持たず、早め早めに完了させていきたいです。

はじめまして 水戸事務所です(水戸事務所 増子)

昨年9月からかがやきグループの仲間入りをした水戸事務所の増子です。       ブログ投稿、水戸のトップバッターなので少し事務所の紹介をさせていただきます。

 

起きている時間の大半を過ごすオフィスの環境はかなり重要と思っている私にとって、 現在32名のスタッフ数からは贅沢過ぎる広々とした社屋は大きなアピールポイントです。現在、そのスペースをより有効活用するためのリノベーション計画が進行中。リノベのための身辺整理(?)は大変ですが数か月後の新オフィスが今からとても楽しみです!

 

他事務所スタッフとの会話から、水戸の印象は「納豆」と「偕楽園」であるらしいことを知りました。その偕楽園では、ちょうど今月2/15(土)から3/29(日)まで梅まつりが催されます。約3000本100品種という梅の木は濃淡の色のグラデーションが見事で満開の偕楽園から眼下の千波湖までの景色も素晴らしいです。ちょっと寒いですが夜のライトアップもキレイですよ。是非この時期水戸へお越しください。(お土産には納豆をどうぞ)

 

最近読んだ小説(新宿事務所 堀田)

少し前に、古市憲寿さんの『奈落』という小説を読みました。

 

f:id:inagaki-staff:20200131162504j:plain

 

普段小説はあまり読みませんが、古市さんが好きなので読んでみました。

 

 

古市さんが「自分に一番起きてほしくないことを書いた」というこの作品は、

終始暗い雰囲気で、登場人物は全員、誰しも抱えているであろう負の感情をこじらせています。

 

登場人物の誰にも同情できませんでした・・・

 

 

というと読みたくなくなるようなレビューになってしまいますが、

私はものすごく良い作品だと思いました。

 

易々と人におすすめできる作品ではありませんが、

覚悟のある方はぜひ読んでみて欲しいです。

覚悟のない方も、読んでみて欲しいです。

 

 

今年はもっとたくさん本を読む年にしていきたいです。

おすすめの本がありましたら是非教えてください!

 

感動したこと(川崎事務所 藤原)

例年、年明けすぐに風邪を引くのですが、今年はまだ体調を崩していないのでとてもうれしいです。年末に事務所で大量にみかんを食べたからだと思います。クライアント様のお歳暮に感謝です。

 

 今回は、日々仕事をしていると避けては通れないエクセルについて、

去年知った機能のうち一番驚いたものを紹介します。

 それは・・・「フラッシュフィル」です。

今まで関数や区切り位置などを使用して行っていた作業がほぼボタン一つになった時の感動と言ったらすさまじいものがありました。

人によってはかなり使いどころの多い機能なのではないかと思います。

気になった方は調べてみてください。

きっとびっくりするはずです。

 

今年も新しい発見をしながら仕事をしていきたいなと思います。

クリスマス(新宿事務所 岡本)

新宿事務所の岡本です。


12月最終出勤の週に入り、

今年も残るところあとわずかとなりました。

さて、今日はクリスマスです。私も早速クリスマスケーキを食べました!

 

f:id:inagaki-staff:20191225142321j:plain

今年はイブもクリスマスも平日なので

なかなかクリスマス気分にはなれませんが、

街のいたるところがクリスマス仕様になり、街も気分も明るくなりますね。

 

f:id:inagaki-staff:20191225142334j:plain

年末にかけて仕事も大詰めかと思いますが、

良い年越しが出来るようあと数日間乗り切りましょう。

癒しの話(川崎事務所 森)

皆さまこんにちは。川崎の森です。

 

毎朝、もう一度布団に戻りたくなる季節となりましたね。

給与計算チームとしては、繁忙期についに突入してしまったと言う感じです。

毎年ながら一般の人に収入と所得の違いなんてわかるわけないじゃんと思いつつ年末調整の作業を進めております。

 

そんな繁忙期の中の私の楽しみは雑誌「ねこのきもち」を見ること。Dマガジンでちょうど15日に配信されておりました。愛猫は天国にいってしまって、今は飼ってはいないのですが、かわいい画像に癒されます。

 

本当は本物のにゃんこに会って癒されたいのですが、現在の家庭環境が飼う余裕も時間もないのでとりあえず、画像でがまん。

 

我が家では亡くなった愛猫の代わりにニトリでかった猫クッションを置いているのですが、たまに父がそのクッションに向かって、「おい」とか「にゃんこ」とか声をかけています。

ジョークだよね?と時々ちょっと不安になりますが・・・

 

とりあえず、来年に向かってかわいい猫カレンダーを買うことと、時間を作って猫カフェに行って、これからの超繁忙期を乗り切ろうと思う日々です。

 

 

f:id:inagaki-staff:20191218183152j:plain

 

富士山を見る(静岡事務所 山田)

静岡事務所の山田です。

 

静岡県住まいの我々からすると、富士山は身近な存在です。

近くにあるからこそ大きく見え、その雄大さや美しさは格別なものだと思っていました。

 

ところが、先日利根川近辺を車で走行中美しい富士山の景色を発見しました。

利根川の向こう側に、夕日に染まる美しい富士山が見えていたのです。

川の周りに高い建物がなく、かつ、堤防が他に比べて少し高いため 川と富士山と赤い夕焼け以外のものが目に入らない景色で とても美しかったです。

この時期空気が澄んでいるためか、とても埼玉から見ている大きさとは思えないほど雄大でもありました。

これほどまで遠くから見える富士山で感動したのははじめてでした。

 

偶然見かけた景色ではありますが、たまには風景に思いを馳せるというのも悪くないな と思った出来事でした。

 

利根川 富士山 - Google 検索